鉄欠乏性貧血の原因及び治療法

鉄欠乏性貧血とは、体内にあるミネラルのひとつ「鉄」が不足することにより、血液中にある赤血球に含まれるヘモグロビンが十分に生産されず、生じる貧血のことです。貧血には多数種類がありますが、鉄欠乏性貧血が9割以上を占めるとされ、特に女性に多い病気です。
鉄欠乏性貧血の原因
鉄欠乏性貧血の原因には、次のようなものがあります。
・鉄分の摂取量不足
・出血
・胃腸の異常
偏食や極端なダイエットなど乱れた食生活のときに鉄分が不足します。また、急激に成長する思春期や妊娠・授乳期は鉄の需要が高まる時期のため、通常より多くの鉄が必要になります。
胃腸の潰瘍やがん、痔、子宮筋腫など慢性的に出血がある場合や、月経過多、分娩など体外への出血が多い場合など、鉄分の喪失が著しいときにも多くの鉄が必要です。
胃や腸の粘膜の異常により鉄の吸収がうまくいかない場合も鉄不足になります。胃炎や胃下垂、胃の切除手術をした人も貧血の症状が現れることがあります。
鉄欠乏性貧血の治療法
痔や胃潰瘍、月経過多などの原因がはっきりしているときは、まずその治療が必要です。
その上で、鉄欠乏性貧血の予防には、食事療法が有効です。1日3食、栄養のバランスの良い食事によって鉄分を摂取できます。貧血の自覚症状がある場合や、出血が多い時期などは、鉄分や造血を促す栄養素のある食品を積極的に食事に取り入れる心がけが必要です。
貧血の症状が重いときや、食事療法だけでは難しいときは、鉄剤やサプリメントを用います。